【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉

【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉


【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉
これまでに賃貸から賃貸へ引っ越しを繰り返している人もいることでしょう。
そう考えると分譲で買ってしまった方が良いかと考えてしまうかもしれませんが、賃貸の方が圧倒的に便利でお得なのです。 もしも賃貸物件契約時に何かしらの値下げ交渉をしようと考えているなら、その対象となるのは家賃、または礼金となります。
よっぽど入居者が長期間現れていない限り、両方を下げてもらうことは出来ませんので、印象を悪くしないためにもしつこい交渉は避けましょう。
賃貸物件への契約は、家賃と礼金、敷金をまず最初に交渉をすることが出来るでしょう。
ちなみに敷金というのは、退去時に返金をされるお金ですので、値下げ交渉をしてもあまり意味の無いお金と言えます。

賃貸の値下げ交渉をする前に、必ず合計支払金額を元にして計算をしておくようにしましょう。
これは部屋の賃貸契約は2年間が基本となっているので、交渉する時には必ず2年間、24ヶ月で計算することが大切なのです。




【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉ブログ:20-09-27

読者様は、
授業中や会議中など「シーン」とした場で
腹が「グー」と鳴ってしまい、
恥ずかしい思いをした経験はありませんか?

この「グー」という音の正体は
胃の中の空気なんですって!

血液中の糖分が少なくなると
脳がからだにサインを送り、
空腹感を感じるようになります。

すると
胃は食べ物が入ってくる準備をします。
このとき胃の中の空気も一緒に腸に送られ、
腹の音が発生するそうなんです。

空腹時に腹が鳴るのは自然なことなので、
止めることはできませんが、
腹の音をコントロールする方法はあります。

「腹が鳴ったらすぐ何か食べればよい」
と思いがちですが、実は逆効果なんですよね!

間食は胃酸の分泌のバランスを崩し、
余計腹が鳴りやすくなります。

連日3食を同じ時間に
ある程度決まった量を食べることで
空腹になる時間も定まり、
突然の「グー」という音に悩まされることがなくなりますよ。

とは言え、
夕方食から10時食まで時間があきますよね。

さらに10時食を抜かしてしまうと空腹感が一層高まり、
腹の音の原因になります。
10時食はしっかり食べて、1日をスタートしましょう。

血糖値の上昇が緩やかな、
玄米、小麦全粒粉パン、そば、さつまいも、
豆類、牛乳、チーズ、肉類、魚貝類といった食品は
空腹感を感じるまでに時間がかかりますが…

パン、うどん、パイナップル、じゃがいも、
ケーキやドーナツなど甘いものは、
腹がすきやすいので、要注意ですよ。

こういった方法で
腹が鳴るのを防ぐことができます。
できることから少しずつ始めてみてくださいね。

【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉

【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉

★メニュー

【お役立ち情報】駅前に多くの店舗を構える不動産屋
【お役立ち情報】賃貸物件にも様々なタイプがある
【お役立ち情報】最初に不動産屋のクチコミ情報を確認しよう
【お役立ち情報】貴方が考えている賃貸条件を設定
【お役立ち情報】理想を叶えたいなら良い不動産屋を選ぼう
【お役立ち情報】安全そして安全性のあるマンション型賃貸物件
【お役立ち情報】審査に合格して賃貸契約が出来る
【お役立ち情報】家賃だけでなく管理費や駐車料金もチェック
【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉
【お役立ち情報】実際に暮らしているイメージで現地調査


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸の達人│賃貸の悩み解消情報くらぶ