【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉

【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉


【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉
これまでに賃貸から賃貸へ引っ越しを繰り返している人もいることでしょう。
そう考えると分譲で買ってしまった方が良いかと考えてしまうかもしれませんが、賃貸の方が圧倒的に便利でお得なのです。 もしも賃貸物件契約時に何かしらの値下げ交渉をしようと考えているなら、その対象となるのは家賃、または礼金となります。
よっぽど入居者が長期間現れていない限り、両方を下げてもらうことは出来ませんので、印象を悪くしないためにもしつこい交渉は避けましょう。
賃貸物件への契約は、家賃と礼金、敷金をまず最初に交渉をすることが出来るでしょう。
ちなみに敷金というのは、退去時に返金をされるお金ですので、値下げ交渉をしてもあまり意味の無いお金と言えます。

賃貸の値下げ交渉をする前に、必ず合計支払金額を元にして計算をしておくようにしましょう。
これは部屋の賃貸契約は2年間が基本となっているので、交渉する時には必ず2年間、24ヶ月で計算することが大切なのです。




【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉ブログ:20-06-27

2歳になる息子は
ちょうど言葉を覚え始めたところで、
その少ない語彙でなんとかしゃべってやろうといつも必死だ。

きのうのこと。
息子が
「おかあさん、きょう、ゆーふぉーみた」と語りだした。

あまりの唐突な話に、
俺は高鳴る胸を手で押さえながら
ゆっくりと息子に問う…

「ゆーふぉーみたの?どこで~?」

「こうえんで。たんぽぽぐみのゆうすけとーはるきとーさとみせんせいとーみた」

時々語尾を伸ばしては
一生懸命そのときの情景を思い出すように話す息子は
さらにこう続けた…

「ぐるぐるーって、ぐるぐるーって」

クチをすぼめてそう言いながら、
脂肪のたくさんついた小さな手を丸めて円を描いている。

俺はさらに息子に問う。
「ゆーふぉーに誰か乗ってた~?」

「うん、のってたよ」

「誰が乗ってたのかな~?」

おそるおそる聞く俺に
息子は元気いっぱいに答えた。

「おじさん2ひき!」

抱腹絶倒!もうサイコー!
オモシロすぎて少々記憶が飛んだほど…

24時間中、子どもの父母になって幸せだ!!という
この上ない幸福感を俺はかみしめていた。

翌日、保育園の先生に衝撃の事実を明かされ、
俺の幸福感は至福に変わる。

息子が公園で見たモノは、工事現場で働く車や人たち。
「ゆーふぉー」ならぬ「ユンボー」で、
確かに作業員の男性が2人乗っていたそうな…

なんというおかしさ!
息子は笑わそうなんて思ってないから、
それがピュアなおかしさを引き出す。

そして、どんでん返しまでおかしかったから感動すらした。
こんなに自然に、
こんなに心から笑うなんて大人になってからあっただろうか。

俺があんまり笑うもんだから
首をかしげていた息子も楽しくなってきたようで
ケラケラ笑った。
【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉

【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉

★メニュー

【お役立ち情報】駅前に多くの店舗を構える不動産屋
【お役立ち情報】賃貸物件にも様々なタイプがある
【お役立ち情報】最初に不動産屋のクチコミ情報を確認しよう
【お役立ち情報】貴方が考えている賃貸条件を設定
【お役立ち情報】理想を叶えたいなら良い不動産屋を選ぼう
【お役立ち情報】安全そして安全性のあるマンション型賃貸物件
【お役立ち情報】審査に合格して賃貸契約が出来る
【お役立ち情報】家賃だけでなく管理費や駐車料金もチェック
【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉
【お役立ち情報】実際に暮らしているイメージで現地調査


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸の達人│賃貸の悩み解消情報くらぶ