インターネットや賃貸情報誌などで「これだ!」と思った物件があったら、すぐに担当の不動産屋に確認の電話をして、契約済みとなってしまっていたら再度検討しなおしましょう。
もしも用意出来る予算に無理があるようでしたら、条件の幅を広めて不動産屋に相談をしてみると良いかもしれません。
不動産屋の担当者に対して、自分の理想となる条件を伝えましたら、その条件が本当に現実的に可能なのかを確認することが大切です。
不動産屋に問い合わせをして、雑誌で公開されている物件情報がどれほど正しいのかを確認しておくと良いでしょう。

 

探している賃貸物件の条件を広げることによって、少しでも自分の求める物件に近いものが見つかることがあります。
もし条件を広げるのが嫌なのでしたら、家賃を上げるしか他には方法はありません。 最近では少なくなってきましたが、不動産屋の中には悪質な行為をしている業者も実際にあります。
相談に来ているお客さんの立場になって真剣に考えてくれない不動産屋には注意が必要です。



【お役立ち情報】貴方が考えている賃貸条件を設定ブログ:20-03-18

娘のころ、母親から
「食べ物を食べる時にはきちんと噛みなさい」と
言われたことはありませんか?

よく噛むことで、食べ物が細かくなりますから
消化器官への負担が軽減されるというメリットがあります。

また
よく噛むことは、
減量にもつながっていくそうなんですよね。

噛むことと減量をつなぐカギは、
満腹中枢にあります。

食べる事をし始めてからしばらくたつと、
満腹中枢というところから
「ウエストいっぱい」という信号を発します。

すると、「ウエストいっぱい」という信号が脳に伝わり、
おいらたちの体質は満腹感を感じることができるわけです。

ところで、この満腹中枢ですが、
食べる事をしてからしばらく時間が経過をしないと
信号を発さないことが分かっています。

個人差はありますが、
たいていは20分前後で信号を発するといわれています。

ですから早食いで、
20分以内に食べ終わってしまうと、
どこかウエストが物足りなかったりするんです。

一方、
20分以上、じっくりと時間をかけて食べる事をすれば、
少ない量でもウエストが満足します。

だから、ゆっくり噛むという行為が重要なんですね。

ゆっくり噛むことによって、
その分食べ物を飲み込むまでに時間がかかります。

ということは、少ない食べる事量であっても、
十分に満腹感を得ることができるようになるわけです。

噛む回数を増やす方法は、いくつもあります。

ゴボウなどのかたい食材を多く取り入れると、
どうしても噛み砕くのに時間がかかります。

また、食べ物を口に運んだら、
いったん箸を置くという方法も有効みたいですよ。
箸をいちいちおくことで、その分噛む回数が増えてくるからです。

じゃんじゃん